森散策の疑似体験

こんにちは。講師の橋本実千代です。九州や広島、その他たくさんの地域で、大雨の被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。夏季休暇が終わり、クリエ・スクールもまた始動致しました。休み中、通信教育の教材をお送りするのにお待たせしてしまったり、資料請求の発送を待っていただいた方々、ありがとうございました。

緊急事態宣言の真っただ中、自宅から3km内のところは移動していましたが、
基本的にずっと家におりました。
そのようなことで、先月出かけたクリエ・スクール近くにある、SOMPO美術館で9月12日(日)まで開催中の「風景画のはじまり コローから印象派へ」展についてレポートしたいと思います。

コロー展ポスターソンポポスター

今回はランス美術館のコレクションということで、バルビゾン派の、フォンテーヌブローの森を描いている癒しの風景画がたくさん来ています。銀灰色が特徴的なコローや、光を感じるモネの絵が素敵でした。

ゴッホポスター ひまわりポスター

このような期間、なかなか自然と触れ合うのも難しく、緑あふれる作品たちをたくさん鑑賞しながら、森林浴をしたような気分になって帰って参りました。他にも常設展の目玉展示のゴッホのひまわりや、ゴーギャン、セザンヌの大作にも会えます。新宿といっても西口は駅を出てしまえば比較的東口のように人がいません。予約制で人数制限をしていますが、ご興味のある方に、ご参考までです。展覧会の詳細はコチラ