色彩検定の申し込み締め切りが迫っています。

こんにちは。講師の橋本実千代です。各地に緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が発出されていて、連休中はお家でのんびりされた方も多いのではないでしょうか。私は国立博物館の「特別点 国宝鳥獣戯画のすべて」と松屋銀座の「アニメージュとジブリ展」を予約していたのですが、残念でした。

六本木の国立新美術館で5月10日まで開催予定だった大規模な「佐藤可士和展」も4月24日で打ち切りになってしまい、こちらも予約をされて楽しみにされていた方はお気の毒です。中止前に撮っていた会場の様子を掲載します。SMAPファンにとっても懐かしい展示がいっぱいでした。(私も写真の3つのアルバムのコンサートツアーのうち、2つに行っていたのですが(笑)、佐藤可士和氏がデザインしていたことは知りませんでした)

スマップ黄色看板 スマップCD

裏スマップ看板 ドリンクスマップ

コンサートグッズの黒にピンクの「裏スマ」のバスタオルや、ビール缶のような「ドリンク!スマップ!」のミニタオルが家にあります。デザインが好きで購入したのでした。

途中、セブン&アイホールディングスやユニクロなどのロゴデザインについての展示もありました。色彩検定3級テキスト3級編の「色の連想とイメージカラー」にも記載がありますが、企業の理念や姿勢を伝えるイメージ戦略の中で、ロゴマークに使われるコーポレートカラーの重要性を改めて体感しました。出展されていたロゴマークはコチラ

会場の最後には、有田焼の絵付けの技法を和紙の上に表現した美しい曲線の青と、ポスターにも使われていた端正なステンレススチールとアルミ樹脂複合板で表現した直線の赤が目を引きました。

可士和有田 可士和直線2

6月27日(日)に行われる色彩検定の申し込み締め切りが5月24日(月)〈紀伊国屋書店など大手書店でのお申し込みは5月20日(木)まで〉と迫って参りました。受検を考えている方は忘れずにお申し込み下さい。申し込み方法はコチラ→https://www.aft.or.jp/exam/index.php