記憶の中の色

こんにちは。講師の橋本実千代です。今年は例年より早くソメイヨシノが開花しました。春が本格的に来た気がしますね。桜の花びらをよく見るとほんのりと薄いピンクで白の近い色ですが、記憶の中で桜を思い浮かべるときは、実際よりも鮮やかなピンクを思い浮かべることが多いようです。

ソメイヨシノ サクラ

これを記憶色といって、色彩検定1級の公式テキストにも載っていますが、記憶の中では実際よりもその色らしさがより強調されることがあり、テレビや写真ではこの記憶色を考慮に入れて、色の再現が行われています。イラストでもソメイヨシノの色は濃いめのピンクが使われることが多いですね。

3月27日(土)に行われた高坂美紀先生の「カラーヒーラーとカウンセラーのプロ養成コースは、「母子関係、不妊、悲しみ、ダイエットへの対応」がテーマでした。幼いころの自分になんでもあげることができたら何をあげますか?という問いから、絵を描いて、心が解放されるワークを行いました。私はバレエを習いたかったので、トゥシューズを描きました。皆さんは子供の頃に自分に何をして、なにを話してあげたいでしょうか。子供の頃の自分を癒してあげることの大切さを実感した講座でした。

高坂先生 事例

いよいよ4月11日(日)14時から年に1度だけ開講の高坂美紀直接指導「カラーヒーリング入門コース」が始まります。感染に気を付けて対面で行っていきます。皆様からのお問い合わせ、お申し込みをお待ちしています。きっと人生が変わりますよ・・・♪

講座の詳細はコチラ