月別アーカイブ: 2021年5月

ヒーリングカラー

こんにちは。講師の橋本実千代です。今年は梅雨入りが全国的に早まっているようですが、ウィルスにとっては湿度は大敵なので、この時期の感染予防には良いのかもしれませんね。

先日5月23日のカラーヒーリング入門コースの内容は「過去・現在・未来が見えてくるカラーリーディング」で、主に高坂美紀先生オリジナルの「キューブカラーテスト」と「カラーボトルテスト」を行いました。マスの中に色を塗っていく色のテストは他にもいろいろありますが、過去、現在、未来という時間軸や、体調や家庭、仕事のことなど、色から様々な意味が表れ、自分の現在の体調や考え、目標を知る上でも、定期的に行ってみると自分の癒しにつながると実感しました。

ゆり キューブテスト

透明なカラーボトルから3を選ぶカラーボトルテストも、自分のヒーリングカラーもわかり、積極的に使うと良い色がわかります。私はこの日は青紫、ターコイズ、緑を選びました。ターコイズは免疫力を上げてくれる色です。この3色をしばらくヒーリングカラーとして、この色が入っている小物を探してみようと思いました。皆さんの今気になる色は何色でしょうか?気になる色をぜひ身に着けてみて下さいね。
高坂先生 ボトル

まもりだま

こんにちは。講師の橋本実千代です。緊急事態宣言で大学や専門学校が対面とパソコンを使っての遠隔授業になったりと、クリエ・スクールの講師陣は、対応にてんやわんやしています。

そんな中、日曜日に開講中の高坂美紀先生直接指導の「カラーヒーリング入門コース」はひと時の癒しの時間になっています。受講生さんもこんな時だから少し時間が取れたので受講しましたとおっしゃっていました。

先日9日の講座ではオーラやヨガなどでおなじみのチャクラのことを詳しく学ぶ回でした。私もチャクラについては勉強をしているつもりでしたが、新しい見解を聴くことができました。チャクラを意識することで、感染予防にもつなげることができそうです。色の力、益々侮れないと感じました。
高坂先生    チャクラカード

周りの気の浄化と悪い気を感知すると赤く光る「バケタン改」という面白い商品を、修了生からプレゼントしていただいたとかで、高坂先生に見せていただきましたが、それが様々な色に光って興味深かったので、https://www.solid-a.com/baketan/kai/

そのシリーズの置いておくだけで良い、今年2月に発売された「Mamoridama(まもりだま)」というデジタルお守りを購入してみました。

守り玉赤紫 守り玉青紫

様々に光って色がとてもきれいです。デスクの上に置いておくと、デスクワークをしながらも浄化されている気分になって、仕事もはかどりそうです!
https://www.value-press.com/pressrelease/263971

ありがたCafe 5月15日(土)に桜井もえさんが出店します♪

こんにちは。橋本実千代です。家の前の区民がボランティアをしている公園にきれいなバラ(フランスの詩人の名前をとったピエールドゥロンサール)が、また近くのエリアに見事な菖蒲色(鮮やかな青みの紫)の花菖蒲が咲いていました。年々咲く時期が早くなるような気がします。ちなみにアヤメと花菖蒲、カキツバタを混同しがちですが、花菖蒲は黄色い斑紋(カキツバタは白い斑紋)、アヤメは乾いたところで育ち、花びらに網目模様があります。ナツメ社の『日本の色 世界の色』永田泰弘監修に写真や色の差が出ていますので、ご興味ある方は読まれてみて下さい。

ピエールドゥロンサール 菖蒲2

さて、高坂美紀先生直接指導「カラーヒーリング入門コース」と「カラーヒーラーとカウンセラーのプロ養成コース」他、色彩検定1級も取得の修了生桜井もえさんが、今週5月15日(土)、14時から18時30分まで、両国シティコアギャラリーXで開催される「ありがたCafe Vol.72」に出店されます。感染予防対策のため、当初の予定よりも短い時間になったようですが、エンジェルカラーカードなどを使ったカウンセリングや、その方の本質や魂の求めているものがわかる3色リーディング、天然石ブレスレットの販売を予定されています。
Love&Healing 桜井もえ先生

気分が沈みやすい昨今ですが、お近くにお住まいの方は桜井先生の素敵なカウンセリングに癒されてみて下さい。イベントの詳細はコチラ

色彩検定の申し込み締め切りが迫っています。

こんにちは。講師の橋本実千代です。各地に緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が発出されていて、連休中はお家でのんびりされた方も多いのではないでしょうか。私は国立博物館の「特別点 国宝鳥獣戯画のすべて」と松屋銀座の「アニメージュとジブリ展」を予約していたのですが、残念でした。

六本木の国立新美術館で5月10日まで開催予定だった大規模な「佐藤可士和展」も4月24日で打ち切りになってしまい、こちらも予約をされて楽しみにされていた方はお気の毒です。中止前に撮っていた会場の様子を掲載します。SMAPファンにとっても懐かしい展示がいっぱいでした。(私も写真の3つのアルバムのコンサートツアーのうち、2つに行っていたのですが(笑)、佐藤可士和氏がデザインしていたことは知りませんでした)

スマップ黄色看板 スマップCD

裏スマップ看板 ドリンクスマップ

コンサートグッズの黒にピンクの「裏スマ」のバスタオルや、ビール缶のような「ドリンク!スマップ!」のミニタオルが家にあります。デザインが好きで購入したのでした。

途中、セブン&アイホールディングスやユニクロなどのロゴデザインについての展示もありました。色彩検定3級テキスト3級編の「色の連想とイメージカラー」にも記載がありますが、企業の理念や姿勢を伝えるイメージ戦略の中で、ロゴマークに使われるコーポレートカラーの重要性を改めて体感しました。出展されていたロゴマークはコチラ

会場の最後には、有田焼の絵付けの技法を和紙の上に表現した美しい曲線の青と、ポスターにも使われていた端正なステンレススチールとアルミ樹脂複合板で表現した直線の赤が目を引きました。

可士和有田 可士和直線2

6月27日(日)に行われる色彩検定の申し込み締め切りが5月24日(月)〈紀伊国屋書店など大手書店でのお申し込みは5月20日(木)まで〉と迫って参りました。受検を考えている方は忘れずにお申し込み下さい。申し込み方法はコチラ→https://www.aft.or.jp/exam/index.php