月別アーカイブ: 2021年2月

色と形のヒーリング

こんにちは。講師の橋本実千代です。徐々に暖かくなり、雑誌でも春のファッションやメイクを特集しています。以前も書きましたが最近は女性ファッション雑誌の付録が豪華ですね。ミッフィーグッズや美顔器、フェイラーの果物柄の小物ケースまで、よく研究なさっていると思います。

前回1月号のネイルとマスクチェーンをご紹介した文友舎の「JELLY」4月号ではワンマイルパレットのピンクパレットとオレンジパレットの2個セットが付いていました。やはりブルーベース、イエローベース、気分に合わせて使えるようになっていて、パレット一つでメイクが完成するのも手軽です。
付録パレット お花

2月20日(土)の高坂美紀先生による「カラーヒーラーとカウンセラーのプロ養成講座」では、人間関係のヒーリングとカウンセリング、NLP実習を行いました。クレヨンを使って形の中に色を自由に入れていくのですが、心がほぐれて優しい気持ちになれました。
高坂先生 高坂先生事例

人によってさまざまな色があらわれるので、興味深かったです。形の中に入れてみたいと感じる色は人それぞれですが、ハートと丸には暗い色を入れる人は少ないようです。NLP(神経言語プログラミング)実習も実際に体験すると奥深く、悩みなどが吹き飛んでしまいました。このような時代だからこそ、たくさんの人にこの講座を受けていただきたいと改めて感じました。

レッド&ピンク

こんにちは。講師の橋本実千代です。クリエ・スクールでは4月開講のカラーヒーリング入門コースの準備や、カラーヒーリング入門コースの詳細はコチラ 大学のカリキュラム作成、ガイダンス動画作成などを行っています。ポータルシステムが格段にバージョンアップされる大学もあり、占星術でも今年話題になっている「情報の時代」になっていることを実感しています。(追いついていくのに必死です・・・!)

東京都現代美術館で若い人に大好評だった石岡瑛子展は終了しましたが、彼女のグラフィックアートを紹介する展覧会「石岡瑛子 グラフィックデザインはサバイブできるか」がギンザ・グラフィックギャラリーで3月19日(金)まで開催中(無料)です。展覧会の詳細はコチラ

2008年5月、すい臓がんで入院していた病院を抜け出して北京で応じたインタビューの音声が会場に流れていて、その声には力強いレッドのパワーを感じました。赤はともすると強すぎて使えないと感じることもありますが、ここ一番頑張らなくてはならない時にはやはり一番力を発揮してくれる色だと思います。プロゴルファーのタイガー・ウッズもそうでしたね。
石岡ggg 石岡映像

一方で地元の都立公園近くの河津桜のピンクが春の到来を告げてくれました。
薄い色と濃い色があり、まだ蕾でこれから咲く並木もありますが、ソメイヨシノの開花まで、その美しいピンクからホッとやすらぐ優しい気分を頂こうと思います。

DSC_0023.JPG

HORIZON_0001_BURST20210216113119213_COVER.JPG

 

インテリアの工夫

こんにちは。講師の橋本実千代です。緊急事態宣言が延びてしまい、家にいる時間が長くなったことで、100円ショップを上手に使って、模様替えをする人が増えているとニュースで放送していました。私もここのところ、あまり使用していない引き出しの整理をしています。美術館で買ったポストカードも出てきて、白いフレームに入れてみたら、絵葉書をそのまま飾るよりも素敵なインテリア小物に変身しました。写真は現在上野の東京都美術館で開催中の「吉田博展」で展示されている作品2品です。故ダイアナ元妃の執務室にも来日された際に、自ら購入された版画が飾られていたことが知られています。登山家でもあった画家の富士山をはじめとした山の茜色の夕日の描写などがとてもきれいです。

吉田博展 夕日

クリエ・スクールは新宿の都庁のすぐ近く、京王プラザホテルの前に建つビルの7階にありますが、夕日をきれいに見ることができます。以前このブログでも吉川先生が紹介されましたが、富士山がビルの谷間に挟まれて、小さく見える会議室もあります。吉田博の茜色はそんな現実の夕日の色とは違った、ホッとさせる何かがあるような気がします。

お花 高坂先生JPG

6日に行われた「カラーヒーラーとカウンセラーのプロ養成コース」では高坂美紀先生が開発されたエンジェルカラーカードによるリーディングとカウンセリングを学習しました。写真はタロットカードのように、天使に聴いてみたいことを10枚のカードを使って表していく方法を教えていただいているところです。このカードは一つ一つに色の意味があり、天使の素敵な絵が描かれているのですが、インテリアとして飾っておくだけでも素敵です。おうち時間が長くなっている今、素敵なカードに癒される時間を持つのもステキだな、と思いました。
エンジェルカラーカードの詳細はコチラ

気持ちを上げる↑↑

こんにちは。講師の橋本実千代です。緊急事態宣言の延長が決まりそうですが、暗くならずに気持ちを上げていくしかないな、と思います。おうち時間が多くなり、ご自分のペースで学習することができる色彩検定対策通信講座のお問い合わせやお申し込みが増えています。外出が思うようにならない今だからこそ、今年の6月の受検を目指して、有効に学習の時間を使うのも良いかもしれませんね。通信講座の詳細はコチラ

先日六本木ミッドタウンのガレリア3Fにあるおしゃれな文具店「itoya topdrawer」に買い物に行ったところ、かわいい鳥さんが迎えてくれました。消毒液が出るセンサーディスペンサーに、フェルトのくちばしと羽、目が付いていたのです。色はモノトーンでスタイリッシュながらもそのかわいらしさに心が和みました。(このお店の前には色鉛筆の発色が良いドイツのファーバーカステルさんもあります)

伊東屋 色鉛筆

ここのところマスク評論家と呼ばれることもある私ですが、吉川京子先生より抗ウィルス加工布を使用し、フェイスラインにパワーネットが付いていて口角を支える筋肉を刺激してくれる「きもちあげマスク」(ラベンダーカラーを選んでいただきました)と、手肌を清浄しながら保湿もできる、おしゃれなパッケージでオレンジの精油も入っているハンドジェル「テノベール」をいただきました。両方とも気持ちを上げてくれました♪ つけ心地も抜群です。

もちあげマスク DSC_1907~2

コンビニで買い物をしても今はエコバッグが欠かせない毎日ですが、1月28日に宝島社から発売された雑誌、「オトナミューズ」3月号増刊(セブンイレブン限定)は手帳ブランド「QUO VADIS」表紙の人気カラーを使った小さめサイズのエコバック5色セットが付いています。写真の中で広げている「マロングラッセ」が手帳でも人気のカラーだそうで、黄緑が「カクタス」、赤が「フランボワーズ」と色名もおしゃれです!色の名前が楽しいことも、気持ちを上げてくれる要因の一つになるということを改めて感じました。