月別アーカイブ: 2021年1月

3色団子の色の意味

皆さんこんにちは。講師の橋本実千代です。日本各地、大雪で大変なことになっていますが、雪が積もっている地域の方々は、外出や雪かきなど大変なことと存じます。心よりお見舞い申し上げます。

毎日寒いので、春が来るのが待ち遠しいです。先日三色団子の色に惹かれて購入しました。
3色の色の意味は、諸説あるひな祭りの菱餅の色の意味と同じ、
・緑・・・草が芽吹く大地
・白・・・まだ雪が残っている早春
・ピンク・・・春に咲く桃や桜の花
と考えることもありますが、

三色団子の場合は、それらに近い意味も含みつつ、
・ピンク・・・桜が咲く春
・白・・・雪が降る冬
・緑・・・葉が茂る夏
を表し、秋がないことで「食べ飽きない」という日本独自の語呂合わせからこの三色になっているという説もあります。
『世界でいちばん素敵な色の教室』にも掲載しています

三色団子 お花

1月23日(土)に行われた「カラーヒーラーとカウンセラーのプロ養成コース」の内容は「自由画のリーディングとカウンセリング、モチーフの暗示解説」でした。
高坂先生 高坂先生の絵

描かれた画面上に描いた人の過去、現在、未来が現れるのですが、幸せそうに見える絵でも、その裏にいろいろな意味が含まれるようです。たくさんのクレヨンから左手で色を選んで描く作業は楽しく、下手でも構わないので、子供の頃に戻った気持ちで自由に絵を描くのも大切なことのように感じました。

 

WITH カラフルマスク

みなさんこんにちは。講師の橋本です。
緊急事態宣言の中、なかなか思うように外出できない日々が続きますね。このブログも自宅にて、書いています。最近はカラフルなマスクも増えてきました。マスク選びはお世話になっている主治医が書かれたマスクの素材による性能も参考にしています。
メディプレスコラムはコチラ

先日は雑誌「SPUR」のエディターさんが絶賛していた布マスクで、繰り返し洗って使えるのに高機能フィルターが搭載の「アンドマスク」を購入してみました。色名が「桜」とか「夜」とかロマンティックです。グレーには「石」という色名が付いていました。緑は「森」です。素敵ですね。
ケースも可愛いので、プレゼントにも良いかもしれません。
andmask詳細はコチラ
マスク maskand
さて、この度の緊急事態宣言にはスクール運営についての自粛要請は含まれていなかったため、9日はこれまで以上に感染予防に気を付けて、通常通り「カラーヒーラーとカウンセラーのプロ養成コース」を行いました。
高坂先生  キューブテスト事例2
3時間をかけて、高坂美紀先生考案の9つのマス目に色を塗ってカウンセリングをする「キューブテスト」の読み解き方と、スムーズにカウンセリングを行うための話し方などを学習しました。写真はその一例ですが、一つのマスに一つの色を塗るだけの人が多い中、個性的な柄を描かれる人もいらっしゃいます。
私も塗ってみましたが、気づかなかった自分の変化に気づき、自分を癒すことができ、ますます色を使うことが楽しくなりました。最近あまり使っていなかったオレンジや赤からパワーをもらって、心身のバランスを整えていこうと思いました。

このキューブテストは「カラーヒーリング入門コース」でも基礎の勉強ができます。4月からはいよいよ兼ねてからご要望のありました日曜日にコースを設定しましたので、これまであきらめていた方はチャンスです!このような時代になり、ますます自分自身のメンタルなケアが必要だと感じました。ご興味のある方はぜひご検討下さい。
高坂美紀先生担当講座の詳細はコチラ

1月6日は色の日♪

皆さんこんにちは。講師の橋本です。あけましておめでとうございます。2021年もクリエ・スクールをよろしくお願い申し上げます。今日1月6日は語呂合わせで色の日です。今年の日本流行色協会が2021年を象徴する色として選ばれたのは白!キーワードとして考えられたのは、希望を胸に、ゼロから考えるという意味を込めて、「Zero Whiteゼロホワイト」と名付けられたそうです。アメリカのパントン社は強固な信頼を象徴する暖かみのある「アルティメット・グレイ(Ultimate Gray)」と生き生きとした輝きを放つ明るいイエローの「イルミネイティング(Illuminating)」の2色を発表しました。どれも希望に溢れた色ですね。

ネイルカラー 石岡瑛子展

また使える色として、10代後半から20代向けの雑誌ではありますが、「JELLY2月号」(税込880円)の付録はマスクストラップ2本とネイルカラー6色のセットで、ちょうどイエローベースとブルーベースで半分ずつの色みになっていました。30代以上の大人の女性でも使えそうです。
雑誌の詳細はコチラ

鑑賞する色としては、東京都現代美術館で開催中の「石岡瑛子展」に行って参りました。資生堂のグラフィックデザインやシルク・ドゥ・ソレイユの衣装、アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞した映画「ドラキュラ」(1992年)の衣装やジュリア・ロバーツが継母として出演した「白雪姫と鏡の女王」(2012年)など、カラフルな色からシックな色まで、たくさんの色に会えた至福の時間でした。
展覧会の詳細はコチラ