月別アーカイブ: 2020年6月

筋肉反応テスト

こんにちは。講師の橋本です。長らく延期になっていた上野の動物園と国立西洋美術館が再開されました。シャンシャンは早くも3歳、年末にはいなくなってしまうと思うと寂しいです。秋までには一度会いに行かれればと思います。

西洋美術館のナショナルギャラリー展はゴッホのひまわりが見ものです。どのようにアルルの地で7枚のひまわりを描いたかの解説もありました。予約制で入るため、密にならないような配慮がされています。同じ観覧券で「中世からルネサンスの写本 祈りと絵」と題した常設展の中から入れる新館の観覧もできます。こちらは8月23日までで、細かい色の世界にうっとりしました。

ひまわり カリグラフィー

20日土曜日は高坂美紀先生の「カラーヒーリング入門コース」2回目の講座があり、見学者の方も見えました。光のシャワーテストや筋肉反応テストなどが行われました。私も被験者になりましたが、黒は全く力が出ず、違う色との差に、改めて驚きました。

色のシャワー描画法 6月20日写真

写真は受講生さんたちが楽しく体験している様子です。3回目からのご入講(未受講分は来年のお振替ができます)、またご都合の良い回のご見学もできますのでご興味のある方はクリエ・スクールまでご連絡下さい。

ランチタイム

こんにちは。講師の橋本です。現在クリエ・スクールではオンライン授業になったいくつかの講座の教材作成を行っています。長年続いている大学の講座や色彩検定の通信講座も動画を作成して、オリジナルテキストだけでなく、理解を深める動画教材を作成することとなりました。

昨日は大学講座を担当されている原稚佳子先生に来ていただき、その打ち合わせを行いました。この写真はランチタイムに近くのお店「かど新」で撮った1枚。お味噌汁、ごはんが付いて、1,000円しません。アジフライ定食も吉川先生のおすすめです。(私はいつもこの大きなお椀にいろいろなものが盛られている日替わり定食をいただいています。大人のお子様ランチみたいで楽しいです。)

原先生 ポスター

美術館も予約制だったり時間の短縮などをしたりして、開館するところが増えてきました。色彩に興味がある方にいま一番のおすすめは、東京都現代美術館で開催中のオラファー・エリアソンの展覧会です。シアン・マゼンタ・イエローの混色が体験できる金沢21世紀美術館の野外展示の「カラー・アクティヴィティ・ハウス」でご存じの方も多いと思います。一昨年はドキュメンタリー映画も日本で公開されました。ぜひ子供の心に返って、体感していただきたい素敵な展覧会です。色彩検定で出てくる残像の体験もできます。

☆型 三原色

現在色彩検定の通信講座をお申し込みいただき、お待ちいただている皆様、7月1日より、新しいテキストでのご案内、発送をしていきますので、近いうちにHPでお知らせさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

色のシャワーで元気に!

こんにちは。講師の橋本です。だんだん初夏の陽気になって参りました。まだまだコロナの油断はできませんが、本日よりタイアップ先の専門学校の対面授業もオンライン授業と並行して始まり、やはり元気な学生の姿を直接見られる対面授業の良さをしみじみと感じました。吉川講師はタイアップ先の大学のひとつがこの春学期はすべてオンラインでの授業となったため、教材づくりや学生さんからの質問対応に忙しくしています。

クリエ・スクールでも6日土曜日から高坂美紀先生による「カラーヒーリング入門コース」が始まりました。第1回は総合光線両方と遠隔カラーヒーリングをメインに、カラーカードテストやエンジェルカードを使ったヒーリングについて、実践を交えてお話がありました。

マスクをしての授業は少々息苦しく感じますが、教室も消毒等をしっかりして、受講生様同士も広く間隔を空けてご受講いただきました。

お花 高坂先生高坂先生

加納さん後ろ姿  本

有名な「ピンクの呼吸法」をはじめとしたカラーブリージングの方法は、イメージが難しいと常々思っていましたが、実際のお花を見て、感じた方が良いというお話があり、なるほどなーと思いました。私も早速家に帰ってからお花の香りをかいで、元気の気をたくさんいただきました。これまで風邪を引きそうになると少しのお花を買って飾り、そのあとたちまち元気になるのを何度も経験しています。最近インスタグラムに植物の写真をアップしている方が多いようですが、こんな時期こそ、植物のエネルギーが人間にとって必要なのかもしれませんね。

バラ  あじさい