日別アーカイブ: 2016年11月7日

ショッキング・ピンクの効能

こんにちは。講師の橋本です。先日汐留にあるパナソニック美術館で11月23日まで開催中の「モードとインテリアの20世紀展」に行って参りました。

a%c2%83%c2%a2a%c2%83%c2%bca%c2%83%c2%89a%c2%83%c2%81a%c2%83a%c2%82%c2%b7

シャネルのリトルブラックドレスやディオールが南米で発表した真っ赤なバラのドレスなど、たくさんのドレスを観ることができました。現在国立新美術館で行われているダリ展は若い人でにぎわっていますが、そのダリをはじめ、シュールレアリストの芸術家たちとも親交が深く、デザインにも彼らとのコラボレーションが多いエルザ・スキャパレリのイブニング・ドレスもありました。このドレスにも見られる「ショッキングピンク」は彼女の創作とされていることで有名です。

a%c2%82%c2%b9a%c2%82%c2%ada%c2%83a%c2%83%c2%91a%c2%83%c2%aca%c2%83aa%c2%81%c2%bea%c2%81a%c2%81%c2%99a%c2%81%c2%90

高坂美紀先生のご著書に、幻冬舎文庫から出版されている「洋服でカラ―セラピー」(定価571円+税)という楽しい本があるのですが、ショッキングピンクのような赤紫系の洋服を身につけると、女性特有の身体のつらい症状を和らげたり、ホルモン分泌のバランスを取り戻したり、血行を良くして、毛細血管の働きを助け、身体のすみずみまで血液が行き渡るようにしてくれるそうです。これから寒くなるので、手足のこわばりを和らげたり、肌を美しくしていくのに効果的ですね。洋服で取り入れるのはちょっと・・・という方は、下着や小物などで取り入れるのも良いようです。

高坂先生に人を癒すプロになるには、どんな勉強、心がけが必要かインタビューしてみたところ、次のようにお返事を頂きました。↓

カラーヒーリングの場合は、なぜ、色が心や体に作用するのかを理解して、説明できるようになっておく必要があると思います。また、赤~紫までの色ごとに、どんなふうに心や体を変えていくものなのかということも、知っておくことも不可欠ですね。これらは「カラーヒーリング入門コース」で お教えさせていただいています。そして、カウンセラーとして お相手の お話しを 共感しながら お聴きして、簡単な絵を描いていただいたり、色を選んでいただいたり、服の色を拝見したりしながら、言葉にならない思いを察知していくことが、的確なアドバイスには欠かせません。

また、心の奥といいますか、魂のレベルでも 深く癒されるようにするには、できれば、チャクラとかオーラの知識もあったほうがいいですね。でも、これらは、「カラーヒーリング入門コース」で 学ぶことができますし、「カラーヒーラーとカウンセラーの養成コース」では、たくさん学ぶことができますので、事前に勉強していただく必要はありません。たとえば、色を見るのか、着るのか、食べるのか、持つのか、インテリアや雑貨に使うのか、それとも寝具に使うのか、あるいはまたイメージするのかといった方法の中で、どれを選択すれば、一番効果的なのかが分かるようになっていくことは、早い効果をもたらすうえで重要になってきますが、それらの方法を選択した時の効果を ご自身で体験的に知ることが、テキストを暗記するよりも大切です。

この点では、授業で知った方法を、即 ご自宅や職場で実践なさることが自信をつけて、説得力を持つうえでも 効果的です。好奇心を持ち、先入観を無くし、楽しみながら、まずは ご自分が癒されてみようと思うことが、レベルアップのエンジンになります。

高坂先生の講座の見学も今年は今週12日が最後です。現在2名の方がご見学予定です。ちょっと先生の講座を覗いてみたいな、と思われる方はご連絡お待ちしています!