マリメッコの暮らし

こんにちは。講師の橋本です。2月28日まで、東京メトロ東西線、東陽町駅3番出口から歩いて3分の竹中工務店東京本店内にある、ギャラリーエークワッドにて行われている「marimekko SPIRIT」「マリメッコの暮らしぶり展」に行って参りました。マリメッコはおなじみフィンランドを代表するブランドです。マリメッコとは「マリーのためのドレス」という意味で、1951年にアルミ・ラティアにより、生活をデザインの力で豊かにしたいという想いで創設されました。
天井布
この展覧会では布地だけでなく、フィンランドのライフスタイルに欠かせないサウナと、日本の茶の湯の共通するものを紹介し、マリメッコブランドの食器やファブリックを使った室礼が施されています。マリメッコはバッグ等、身につけるものがとても有名ですが、それ以外にも、小物雑貨もカラフルなものやシックなものがたくさんあります。今回の展覧会では豊かに生活を楽しむフィンランドの生活、また忙しい日本人がいま一度立ち止まってホッとする時間を持つことの重要性を考えさせられました。
茶室側面茶道具サウナ内部ウニッコ

企画されているいくつかのトークショーはほとんど満席のようですが、色を体感する楽しい展覧会になっていますので、ぜひ出かけてみて下さい。