Happy Halloween☆彡

皆さんこんにちは。カラー講師の吉川です。

本日、10月31日はハロウィンです。

私が子供の頃には全く取り上げられていなかった行事ですが、ここ数年、まさに火がついたような勢いで盛り上がりを見せていますね。情報番組などで渋谷での暴徒化した大人の様子が報道されていますが、皆さんはもともとのこの行事の意味をご存知ですか?

勉強の秋ですし、改めてちょっと深掘りしておきましょう。

様々な説があるようですが、もともとは古代ケルト人の「秋の収穫祭」が起源といわれています。

そして、ケルト人の暦では、一年の終わりが10月31日とされており、死者の霊が訪れると信じられていました(日本でいうお盆などのようなものですね)。その霊たちと一緒に、悪霊などもやってきて悪さをするので、子どもたちに仮面を付けたり仮装させて魔除けとしたそうです。ハロウィン海外の方からすると、大人が仮装しているのは日本くらいなもので、しかも普段おとなしい日本人が弾けている街の様子は異常かも。笑

カラー講師としては、ハロウィンは他の行事と比べて色が重視されているのも見逃せません。代表的な色として「オレンジ・黒・紫」が思い浮かぶのではないでしょうか。それぞれの色にはこの行事のルーツにも繋がる意味がありますので、ご紹介します。

オレンジ・・・収穫

黒・・・死、闇、冬の夜

紫・・・月明かりの夜空

だそうです。

かぼちゃ料理日本のかぼちゃは皮が緑のものがメインですが、海外ではオレンジの皮が一般的です。かぼちゃは身体に良い栄養素がたくさん含まれる緑黄色野菜の代表で、カロテンやビタミンB群、ビタミンCが多く含まれます。カロテンは抗ガン作用があり、粘膜や皮膚を守り、なんといっても視力維持に威力を発揮してくれるそうです。色に関わる私達には大事な視力。なんとありがたい食材でしょう!!

今日は、冬の代表作物であるかぼちゃ料理を食べ、オレンジのパワーを口から取り入れ、収穫を喜び合いましょう!

【写真】レシピ大百科