月別アーカイブ: 2016年7月

ついに!ついに納品されました♫

皆さんこんにちは!カラー講師の吉川です。

先日、「なかなか関東地方が梅雨明けしませんね」と言っていたのですが、ついに関東甲信越地方も梅雨明けしましたね!これからしばらくは晴れの日が続き、気温もグングン上昇し、うだるような猛暑に四苦八苦する可能性も大きいのですが・・・それでも、夏なんだもん。青い空!白い雲!こんがりと焼けた小麦色の肌!(いや、これだけは、お肌のためにも色を見るために大切な眼のためにもしっかりガードし)、夏を満喫しなくては!

そんなことを考えて意気込む私たちの前には、『どどーん!』とダンボールが。DSC_1770

アドバンスいえーいこれは何でしょう。そうです、皆さんの記憶の彼方に追いやられていないでしょうか。私たち講師の汗と涙と血の結晶(こっこわい)、持てる知識を集結して執筆していた『あれ』です。去年の今頃に、スクールの事務局で編集と校正作業を行っていた『パーソナルカラーコーディネート検定Advanced Grade』の公式テキスト&公式ワークブックが納品されたのです!!うれし~\(^o^)/

 

 

トホホな感じの表情に見えますが、喜びすぎた早川先生は腰が砕けています。DSC_1773

今回の印刷、製本、納品には一年近くの時間を要してしまいましたが、その代わり充実した内容となっています。Basic Gradeでは、色彩学の基礎やパーソナルカラーの知識と専門分野への活用について学べる内容でしたが、Advanced Gradeまでトータルで学ぶことにより、パーソナルカラーの判定やアドバイスなどの実践力まで身につけることができます。

DSC_1771このテキスト&ワークブックの作成にあたっては、現場をよく知る多くのカラー講師、イラストレーターさん、フォトグラファーさん、印刷業者の方々、本当に多くの方の協力によりやっと形になりました。ここに感謝の気持ちを表したいと思います。お疲れ様でした。そして本当にありがとうございました。(別の機会を設けて、ご協力下さった方のご紹介もしていきたいと思います。)

 

このブログを読んで下さっている皆さんにも、できるだけ早くお届け出来るよう、努力していきます。楽しみにお待ち下さいね。

団体受験者の合否結果を発送します♪

皆さん、こんにちは。カラー講師の吉川です。

今年の関東地方は、なかなか梅雨明けしませんね。海の予定もプールの予定も立たず、どうも夏気分が盛り上がらない今日このごろ。皆さんはいかがお過ごしですか?

さて、本日出勤したところ、色彩検定協会からの荷物が到着していました。

6月末に行われた2016年度夏期色彩検定を団体受験された方たちの合否結果です!

ほくほく顔で封を開け、ブツブツと一喜一憂しながら発送作業をしている早川先生を隠し撮り!

DSC_1760

あ!しまった。気づかれた!

DSC_1759

ちゃんとポーズを取ってくれる早川先生。団体受験をされた皆さんには、先生の気持ちも同封して、もうすぐ結果がお手元に届きます。ドキドキでしょうが、今しばらくお待ち下さいね。

個人受験をされた方々も、もう少しで合否結果が届くと思います。楽しみにお待ち下さい。

これから受験をお考えの方。クリエ・スクールでは冬期検定に向けての準備を着々と整えています。近く、情報を更新しますので、引き続きホームページなどでチェックをお願い致します。

 

 

色彩検定2級解答速報の続編

皆さん、こんにちは。カラー講師 吉川です。

今年の関東地方は、台風が来ない代わりに梅雨明けが遅れ、なかなかスッキリしないお天気が続いています。皆さん、体調など崩されてはいませんか?

さて、6月26日(日)に実施された色彩検定の正式な模範解答が、色彩検定協会から発表されました。

クリエ・スクールでも、このブログ内やフェイスブックにて、2級の解答速報をお知らせしておりましたが、その中でもベテラン講師陣を悩ませた、最後の筆記問題(配色名を答える問題)について、補足をさせて頂きます。

具体的には問題(17)のAについての解答ですが、正式な模範解答では、

「トーンオントーン、ドミナントカラー、ナチュラル(ハーモニー)、ビコロール、バイカラーなどの中から三つ」

とありました。ドミナントカラーとバイカラーも正解として認められるそうです。

最近は、このように解答が複数ある配色から、該当するものを規定の個数答える問題が出題されています。

これから受験される方は、同じような問題で絞り込む時に迷ってしまうかもしれませんが、プレッシャーに負けず、冷静に条件をみたすものを選んでいくように心がけましょうね。

 

スクールでは、もう次の冬期検定の準備も進んでいます。

冬期検定は1級の検定も実施されますし、2・3級と並行して各級の「検定直前重要要点講座」のご案内を近日中に出来る見込みです。

これからもブログやフェイスブックで随時ご案内していきますので、楽しみにお待ち下さい♪

パリ気分♪

こんにちは。講師の橋本です。7月に入ってもまだまだ梅雨は続いていますが、雨だからこそ映画鑑賞も良いですね。1964年のフランス映画「シェルブールの雨傘」は衣装もインテリアも色がとても素敵で、今観ても全く古さを感じさせない作品です。

現在ハッピーな気分になるフランス関連の展覧会がたくさん行なわれています。いくつか観覧してきた中から2つを紹介します。

まずは渋谷文化村ザ・ミュージアムで7月31日まで行なわれている「西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展」。18世紀にマリー・アントワネットも魅了したプリント生地の数々は、今も輝きを失っていません。テキスタイルが好きな方にお薦めの展覧会です。熊本の友人が定期的にパリに出向き、「joie de Rose paris 」というネット上のお店でジュイを販売していて、以前よりその柄の繊細さに魅かれていました。伊勢丹などでたまに見かけるジュイのスカートやバッグはとてもお高いので、縫製が得意な方は生地を買ってご自身で作るのも楽しいかもしれません。

渋谷Bunkamura「トワル・ド・ジュイ展」の詳細はコチラ

上野の東京都美術館では、9月22日まで「ポンピドゥ―・センター傑作展」が開催中です。こちらは時系列的に1年ごとに1作家1作品が並べられていて、タイムマシンに乗って現代に向かうように名品の数々を楽しめます。 東京都美術館「ポンピドゥー・センター傑作展」の詳細はコチラ

1番初めの名画は私が大好きなデュフィのフランス国旗の絵(1906年)から始まっています。

リサとフランス人絵本作家夫妻が描く「リサとガスパール」の主人公リサがポンピドゥ―・センターに住んでいるという設定から、リサのオリジナルグッズなども売っていました。彼女は赤いスカーフをしていますが、これは自分がしていた青いスカーフを、仲直りの証にガスパールのものと取り換えたと物語にあります。フランスでは女の子=赤という考えはなく、マリア様の青を身に付ける習慣があると聞いたことがあります。文化の違いって面白いですね。

 

 

他にサントリー美術館では「エミール・ガレ展」、三井記念美術館では「アール・ヌーボーの装飾磁器展」が開催中です。 雨の日が続いても、カラフルな作品を観るとハッピーな気分になりますよ!