作成者別アーカイブ: admin

マリメッコの暮らし

こんにちは。講師の橋本です。2月28日まで、東京メトロ東西線、東陽町駅3番出口から歩いて3分の竹中工務店東京本店内にある、ギャラリーエークワッドにて行われている「marimekko SPIRIT」「マリメッコの暮らしぶり展」に行って参りました。マリメッコはおなじみフィンランドを代表するブランドです。マリメッコとは「マリーのためのドレス」という意味で、1951年にアルミ・ラティアにより、生活をデザインの力で豊かにしたいという想いで創設されました。
天井布
この展覧会では布地だけでなく、フィンランドのライフスタイルに欠かせないサウナと、日本の茶の湯の共通するものを紹介し、マリメッコブランドの食器やファブリックを使った室礼が施されています。マリメッコはバッグ等、身につけるものがとても有名ですが、それ以外にも、小物雑貨もカラフルなものやシックなものがたくさんあります。今回の展覧会では豊かに生活を楽しむフィンランドの生活、また忙しい日本人がいま一度立ち止まってホッとする時間を持つことの重要性を考えさせられました。
茶室側面茶道具サウナ内部ウニッコ

企画されているいくつかのトークショーはほとんど満席のようですが、色を体感する楽しい展覧会になっていますので、ぜひ出かけてみて下さい。

謹賀新年♪

明けましておめでとうございます。講師の橋本です。平成30年の幕が開きました。
色々と目標を立てていらっしゃる方もいるかと思います。クリエ・スクールも新年がスタートしました。本年もクリエ・スクールをどうぞよろしくお願い申し上げます。

休み明けに3月3日の高坂美紀先生のセミナーの申込みが早速入ってきています。お申込み頂いた方々、ありがとうございます。まだ迷われていらっしゃる方、1年に1度の機会ですので、ぜひご参加下さいね。昨年残念ながらやむおえないご事情で来られなかった方からもお申込みをいただき、嬉しく思います。

1月2日に名古屋の金山駅の駅前にある、ボストン美術館で開催中の「鈴木春信」展に行って参りました。千葉市美術館で開催されていたのを観逃してしまい、念願かなって観に行くことができました。春信は可憐で華奢な女性を描かせたら一番の浮世絵師と言っても良いと思っています。今回は源氏物語の女三宮を描いたものがポスターの一つになっていました。展覧会の詳細はこちら
ボストン外観夜の菊女三宮

2002年に千葉市美術館で行われた、大規模な鈴木春信展のときにも出展されなかった日本初公開の作品が8割を占め、とても見ごたえがありました。日本に残っている春信の作品はほとんどが退色してしまっているのですが、ボストン美術館のコレクションは、「江戸のカラリスト」と言われた春信のピンクや紫の色彩が、鮮やかに残っています。退色を防ぐために展示することができないスポルディング・コレクションに残っていたさまざまな色調に、日本の学者たちもびっくりしたものでした。様々な色糸を用いて織り出された絹織物の総称を「錦」といいますが、まさに「錦絵」と呼ばれた意味がこのコレクションによって確認されたのでした。

今回のビゲロー・コレクションにおいても茜の赤や、鬱金の黄色がはっきり残っていて
とてもきれいでした。紫色は紅花と青花(最近の目黒美術館で発表された展示では露草ではなく、露草を大きくした人工的に栽培した花ともいわれています)をかけ合わせたものもあったようです。

帰りに駅ビルの本屋さんで松坂屋美術館で開催中の「ミュシャ展~運命の女たち~」の割引券をいただき、こちらも京都で観逃していたものだったので、ついでに行かれてラッキーでした。
この展覧会も個人のコレクションが主で、観たことのないものが多く、大収穫でした。
今年も良い展覧会にたくさん出会えればと思っています。

三鷹天命反転住宅に行ってきました♪

こんにちは。講師の橋本です。先日色彩検定の合否通知を受験された皆様に発送しました。皆様結果はいかがだったでしょうか。合格された方は更に上位級を目指して下さい!残念ながら・・・の方はぜひ不得意分野を復習して、忘れないうちに来年の検定日、6月24日(日)の夏期の検定を目指して下さい。(1級など、冬期の検定は11月11日(日)1級2次試験は12月16日(日)に決定しました。)

さて、25日を過ぎると日本では慌ただしくクリスマスツリーが一斉に片付けられ、門松がお目見えしますね。諸外国では1月の6,7日頃まで、クリスマスの飾り付けをそのまま飾ることが多いです。一説には当方の博士が幼子キリストを礼拝したのが1月6日だったということから、それまではクリスマスの期間としているようです。ユニバーサル・スタジオでも1月8日までクリスマスのイベントを行っていますね。

このブログでも何度か登場している、カラフルな巣鴨信用金庫の設計で有名な、エマニュエル・ムホーさんが、100色の色を使って今年の表参道ヒルズのツリーの装飾を手がけていたことを思い出し、クリスマスの最終日、片付けられてしまう前に写真を撮ってきました。地下には白い三角形を組み合わせたツリーが、30分毎に虹色の光が入り、カラフルに変化していました。これからの色はますます光の色が主流になっていくのかな・・・と思いました。

表参道ヒルズ内ムホー

また、先日瀬戸内寂聴さんが、「極彩色の死なない家」と評価して実際に住むことを検討された「三鷹天命反転住宅」の見学会に参加してきました。詳細はコチラ
天命外観

この家は荒川修作とマドリン・ギンズが設計した有名な賃貸住宅で、実際に住んでいる人もいますし、ショートステイできる部屋が2部屋用意してあります。内装もカラフルで、床は子供と大人、それぞれの土踏まずにフィットする突起があり、歩くたびに気持ちよさが得られ、常に動作に運動が必要な仕掛けになっています。どこをみても常に6色以上の色が目に入るようになっていて、施工を担当された竹中工務店さんが何回も調色して、こだわった色を使われているそうです。自然界にあるさまざまな色が目に入る様子をカラフルな色で表現されているそうです。例えば単色で赤だけとか、赤と白の2色だけの部屋であれば、クラクラして落ち着きがなくなる気がしますが、なぜかウキウキして逆に落ち着きが得られたのは不思議でした。
天命内装天命天井←天井のようす。天命ブランコ←こちらは外から見て丸くみえる部屋に吊るしたブランコです。

次の日専門学校で東京商工会議所の資格、「福祉住環境コーディネーター」の対策授業があったので、高齢者の視覚と身体をも刺激する家として紹介させて頂きました。学生の皆さんも興味しんしんのようでした。定期的に見学会や体験会を行っていますので、ぜひ皆様も体験しに行ってみて下さい。外国の方もたくさんいらっしゃっています。

2017年もありがとうございました。クリエ・スクールは12月29日(金)から1月3日(水)まで年末年始休暇を頂きます。4日より通常通り業務を開始致します。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

横浜散歩

こんにちは。講師の橋本です。現在横浜の山手西洋館では世界のクリスマスと題して、8館の館内で国別にクリスマスの装飾が行われています。詳細はコチラ
ポスターブラフホルダーホルダーたくさん

石川町駅改札を出て、7分ほど坂を上がった山手イタリア庭園内にある、ブラフ18番館ブラフ18番館詳細はコチラで、20日に溝の口にお教室を持つ、ひがしきよみ先生のワークショップがあったので、参加してきました。スワロフスキーを使ってのキャンドルホルダーづくりです。一人2つ、スワロフスキービーズの種類を変えて、楽しく作成しました。クリスマスカラーの赤(キリストが民衆のために流した血の色)と緑(エバーグリーンと呼ばれる常緑樹の希望を表わす色)が効いています。ひがし先生は以前私が食空間コーディネーター2級を取得した際にお世話になった、素晴らしいセンスをお持ちの先生です。東急系列のブライダルのテーブルのお仕事もされていて、東急の方のお話では、先生がコーディネートをご担当するようになってから、挙式の契約数が増えたそうです。
お家をまるごとコーディネートするという経験はひがし先生もこれまでになかったご経験だったそうで、今回たまたまドイツのクリスマスのお題の依頼があったということですが、毎年ドイツには出向かれていらっしゃるものの、この展示をされるにあたって、少し前にドイツに行かれて勉強をして来られたとか。そのプロ意識は素晴らしいです。ドイツの老舗洋食器ブランド、ビレロイ&ボッホの磁器を中心として、白(純粋な信仰心、キリストの純潔の色)や赤を使ったコーディネートには、微笑ましい家族の姿が浮かんで来ました。白いツリーのオーナメントはドイツのレース製のもの。実をついばんで種を運ぶことから、繁栄を象徴する鳥もクリスマスではよく飾られるそうです。写真はディナーとティーのテーブルです。25日まで開催中ですので、横浜洋館めぐりをしてみませんか。
白い食卓白いツリー
赤いティー赤いツリー

 

光への探究心

こんにちは。講師の橋本です。早くも12月に入り、色彩検定の1級を目指されている皆様は12月17日の2次試験に向けて頑張っていらっしゃることと思います。2次試験は暗記力だけではなく、マンセルシステムの色票を見て、色の明るさ、鮮やかさを目で見極めていく力が試されます。本番であがってしまうことなく、(隣の人のハサミさばきが気になっても!)落ち着いて全力を尽くされることを祈っています。

先日九品仏浄真寺の紅葉を見に、出かけてきました。赤、黄色、緑がグラデーションになっていて、とてもきれいでした。毎年紅葉が少しづつ遅くなっている気がしますね。

紅葉初め紅葉1

さて、現在六本木の国立新美術館では、日展の他に新海誠展と、安藤忠雄展が行われています。
この2つの展覧会に共通して私が感じたことは「光のとらえ方」でした。光をどのように作品や建築に活かしているか、ということがよく分かる展覧会でした。
新海1新海2
「君の名は。」の作者である新海誠の展覧会では、従来のセル画に色を置いていく作業ではなしに、コンピューターを使っての新たな光の取り入れ方の解説がありました。特に風景の描写に作り手側の素晴らしいこだわりを感じました。
安藤1教会内部 図録
安藤忠雄展の方は、大阪府茨木市に建てた「光の教会」をそのまま美術館に増築許可をもらって、自費で同じ大きさの教会を建ててしまったというすごいスケールでした。建築家の展覧会はこれまで設計図や模型が並んで、スクリーンに映像、と言った程度の物が多いのですが、やはり体験してみないとわからないですよね。以前茨城市にこの教会を見学しに行ったことがありましたが、本当にそのままでした。その時の牧師さんが説教の途中で頭に光が差してきて、暑いので、少しづつズレながら話をする時があります、と笑いながらおっしゃっていたのが印象的でした。大阪ご出身の安藤さんはサービス誠心旺盛な方だな、と思ったのは展覧会の図録。普通美術展の図録は2,000円以上しますが、なんと今回1,980円。そして先着でとてもたくさんの数の図録にご自身で印刷したイラストに、直筆でパステルで色をつけられ、サインをされているのでした。イラストも数種類あり、色もそれぞれ違うのです。私は直島の地中美術館のイラストを選びました。

2つの展覧会は今月18日まで。ぜひ足を運んで光を感じてみて下さい。

2017年度冬期色彩検定が実施されました!

皆さんこんにちは。カラー講師の吉川です。

昨日11月12日(日)、快晴の空の下 今年度の冬期色彩検定が実施されました。

我が、クリエ・スクールでは、タイアップ講座のT大学、O大学、TM大学の受講生さんたちが団体受検をされました。色彩検定2017.11.12

試験開始前は皆さん緊張した面持ちでしたが、「はじめ」の合図とともに、引き締まった表情で試験問題に取り組んでいました。

終了後は、「この問題の答え何にした~?」だとか「あー、難しかったぁ」という声も聞かれましたが、この数ヶ月間の学習の成果を出し切ってスッキリした表情で会場を後にする皆さんの背中をに、”全員合格できますように!”と願いを込めながら見送りました。

 

今日は各スクールさんから予想解答が発表されていますが、クリエ・スクールも予想解答を作成いたしました。受検された皆様、自己採点にお役立て下さい。

2017冬3級 2017冬2級

ジャポニスムの影響

こんにちは。講師の橋本です。現在12日の色彩検定を目指して、受験される皆さんが、ラストスパートをかけているところです。先日10月28日も3つの大学で講座がありました。週末台風という言葉がメジャーになりつつあるくらい、雨続きの週末が多いこの頃ですが、12日は晴れますように。

さてここのところ、ジャポニスムをテーマの一つとした展覧会が多いようです。ジャポニスムとは19世紀後半に、日本の浮世絵や工芸品が西洋の文化や芸術に影響を与え、新たな表現が生まれた日本趣味の事を指します。上野の西洋美術館ではズバリ、展覧会の題名にもなっている「北斎とジャポニスムーHOKUSAIが西洋に与えた衝撃」展が開催中です。展覧会内容はコチラ
美術館美術館中

展覧会入り口手前には、ポスターの北斎漫画を参考にしたと思われる、ドガのバレリーナの絵と一緒に写真が撮れるようになっていました。

ポーズ
展覧会も北斎の絵と並べて、絵画や磁器が並べてあります。磁器の絵付け等は配置を考えただけで「そのまんまじゃない(笑)」と思うものが多く、いかに北斎が、西洋のアーティストたちに影響を与えたのかがわかる内容になっていました。

来年の1月8日まで開催中の「ゴッホ展巡りゆく日本の夢」もファン・ゴッホが実際に持っていた浮世絵も展示され、特に浮世絵の構図を参考にしている様子がよく分かる内容になっています。
部分のみ見つかったファン・ゴッホの絵を、日本人で唯一、明後日から公開の映画「ゴッホ~最期の手紙~」のスタッフとして参加した女性アーティストが再現した絵もあります。ゴッホが残した色名などが書かれたデッサンなどを頼りに色を出したそうです。色鮮やかな黄色の大きな太陽と橋、そして恋人たちを描いた絵は、踊り場の明るい所に展示してありますので、ぜひ
そのカラフルな色使いを観ていただきたいと思いました。

また国立博物館の表慶館では「フランス人間国宝展」も26日まで開催中です。この表慶館はファッションショーなども行われる素敵な建物で、フランスの比較的お若い15人の匠による最高の技術と技を出された作品が沢山展示されています。その内容も日本発祥の扇や折り紙を参考にした織り布、和紙の技術を活かした壁紙など、日本の技術を参考にした和を感じさせる物が非常に多かったです。内容はコチラ

丸の内の三菱1号館美術館でも「パリ・グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」を実施中。内容はコチラ

三菱ポスター

ロートレックも浮世絵の影響を多大に受けていることがよくわかります。右の写真のポスターは、ロートレックが名声を確立したキッカケとなったムーランルージュのポスターですが、手前に黒い男の影を持ってくる構図はまさに浮世絵から学んだ構図です。

この秋、さまざまなジャポニスムの展覧会に出かけ、日本の良さを再確認してみることができました。

色彩検定に向け、頑張っています!

こんにちは。カラー講師 吉川です。

昨日から、日本列島には台風21号が接近、上陸し、各地で被害が出ています。このブログを読んで下さっている皆さんは、影響を受けてはいらっしゃいませんか。(何ともありませんように!)

西新宿青空そんな昨日とうって変わって今朝は雨がやみ、少し強めの風が残ってはいますが、スクールのある西新宿は昼前から数日ぶりの日差しと青空が戻ってきました。

雨も数日ならそれほど気になりませんが、さすがにこの2週間ほどの長雨とどんよりグレーの空は、洗濯物もパリッと乾かず私の心もスッキリしませんでした。しかし、その分今日の青空は心が洗われ、不思議と空気も澄んで感じます。

 

 

 

未来大外観そんな台風がまだ関東地方に接近する前の昨日、クリエ・スクールのタイアップ講座である東京未来大学様での講義がありました。

このクラスは、9月末からスタートした土曜のクラスです。

よりによって昨日はイレギュラーの日曜日の講義で、台風の雨風の中、受講生さんが出席してくれるのか不安な気持ちでキャンパスへ向かったのですが、欠席者はいたものの、ほとんどの受講生さんが出席してくれました。天候にも負けず、色彩検定合格に向かって頑張っています。未来大授業風景

 

 

検定まで約3週間弱となりました。全国の受検生の皆さんが、当日に最大限の実力が出せますよう、クリエ・スクール講師・スタッフ一同、応援しています。

また、検定翌日にはこのブログ内で解答速報をアップする予定です。ぜひまたこのブログを覗きに来て下さいね。

 

 

イベントのお知らせ

こんにちは。講師の橋本です。冷たい雨が降っていますね。前職は11年間、日本橋にあったテキスタイル卸売業に勤めていたのですが、その頃毎年10月19、20日に行われる宝田恵比寿神社付近を中心に開催され る「べったら市」に繰り出していました。当時の写真は厚手のジャンパーやコートを着込んでいるのですが、ここ数年温暖化か、暖かいなーと思っていたら急激にこの寒さ。皆様風邪にはお気をつけ下さい。今日はこれから大学の講義が終わった後、べったら市に寄って帰りたいと思います。

さて、以前にも少しご案内しました、高坂美紀先生のカラーヒーラーとカウンセラーのプロ養成コース修了生の杉山たづ子さんが明日イベントを行います。お時間のある方、ぜひ、楽しい食と音楽とセラピーの世界にご参加下さい。秋は食と芸術、そして自分への栄養も必要ですね・・・・♪

ポスターコンサート

杉山さんです。ジャズを歌われる姿もきっと素敵でしょうね♪
写真

杉山たづ子さんのブログはコチラ
https://ameblo.jp/color3233/entry-12318913199.html

怖い絵展に行って参りました!

こんにちは。講師の橋本です。秋もいよいよ深まってきて、ナスがより美味しい季節になりました♡早く秋晴れの空がみたいですね。先日上野の森美術時間の「怖い絵展」に行って参りました。連休はなんと80分待ちだったこともあったようですが、まだ始まったばかりだから平日は余裕で観られるかな、と思ったのが間違いでした。
どうして平日なのに人・人・人・・・。皆さん怖いもの見たさもあって来場されるのでしょうか。直接的に怖い絵は写真1枚めの下の段、左から3つ目のセザンヌの絵!なんと殺人という題で・・・。お山やりんごの絵で有名なセザンヌが、若い頃に描いた絵。鬱積した何かがあったのでしょうか・・・(笑)次の絵は有名な船乗りが海の怪物セイレーンに引き込まれようとしている絵。この絵は後世の、上半身が人間の女性で、下半身が魚の姿をしているとされた時のもので、人魚のような美しさを感じますが、それより前の時代の、下半身が鳥の姿の絵もいくつかあり、そちらは少々グロテスクです・・・。個人的には黒の時代を経て、美しいカラフルな絵を描くようになったオディロン・ルドンの絵が3枚観られたのが良かったです。目玉の絵がユニークですが、あのゲゲゲの鬼太郎の目玉オヤジは、水木しげるがルドンの絵に触発されて誕生したお話は有名です。ぜひ芸術の秋に上野に散歩がてら行かれてみて下さい。私はパンダの香香が観られるを心待ちにしています♪
展覧会情報はコチラ

怖い絵 セイレーン